テーマを明確にする

ファッションブランドの中にはお客さんをあえて選ぶというやり方で売上を伸ばすことがあります。

選ばれた方のお客さんも行きたくなるし、一方で似合わないと判っていても怖いもの見たさでお店に寄ってみようと思ったりします。

逆にあえてテーマを決めないで、おもちゃ箱をひっくり返したようなディスプレイ−をして人気を博している店もあります。

とはいえ、あまりにもはっきりと方向性を示していると、流行りものとして見られてしまって、息の長い活動につながらない場合があります。

例えば、カジュアルファッションで、筋肉隆々のモデルのような男性ばかりを店員に選び、似合わない人は買わなくていいというコンセプトで急激に人気が出たブランドがありました。

店舗の空間設計からお客さんとの関わり方まですべてコントロールされていて、お客さんの啓蒙活動に力が入っていました。

一時期は世界中の若者がこぞって着ていたものですが、ほんの数年でブームは去り、店舗閉鎖が相次いでいると言います。

反対にどんなサイズの人にも似合うように作られたカジュアルブランドは相変わらず堅調です。

ところが、この有名カジュアルブランドの店舗責任者の方が他のブランドからヘッドハンティングされて新規店舗を任されたとしても、同じやり方でヒット店舗になるとは限らないようです。

同じような中高年向けのブランドで、価格帯が同じでも、男性、女性、両方のユニセックスブランドか、中高年の女性向けなのかで、それぞれに好まれる店舗のテーマや色合いが違ってきます。

プロと呼ばれる人たちでも、難しい店舗設計。

集客できる店作りを考える時、机上のマーケティングだけではわからないことも多くあるかと思います。

まず自分の足で調査することが大切だと思います。